家族葬の特徴と料金相場

近年の高齢化社会と少子化の問題から、血縁関係が希薄化し核家族が増えている傾向にあります。
このような現代社会の問題や価値観の多様化などから、家族葬に関心が高まっているといいます。



家族葬とは一般的には参列者を家族や家族に準じた方のみに限定し、通夜と葬儀を執り行う形式の葬儀スタイルです。
家族だけで執り行う旨を親族や、親しい友人・知人などに話して理解を得ておく必要があります。

また参列者へのおもてなしは不要ですので、葬儀社にはその旨も話しておく必要があります。葬儀式は行いますが告別式は行いません。

家族のみでゆっくりと最後のお別れに時間を費やすことができます。

家族葬の料金関する便利な情報が満載です。

家族葬には明確な定義はありませんが、しいていうなら参列者を限定した葬儀スタイルなので費用面でも一般の葬儀に比べると安価な傾向にあります。

一般的な家族葬の費用相場は100万円から200万円の間だといわれています。

これだけは知っておきたいNAVERまとめの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

家族葬をパック料金で提供し費用の安価さをウリにしている葬儀会社も存在します。

しかいこれには「含まれていないオプション」を請求されたり、サービスの内容が初回の説明時と著しく劣るなど様々なトラブルも見受けられます。

このような料金トラブルを招かないためには、見積書に記載された項目以外に発生する費用など料金面に関する説明をしっかりとしてくれる葬儀会社が良いといえます。

また葬儀に関しては経験がない方が多いので、どんな些細な疑問でも親身になって相談に乗ってくれる葬儀会社を選びたいものです。